院長コラム | 大阪市北区池田町の小児科・内科の八杉クリニック。各種予防注射、インフルエンザ予防接種、乳幼児検診、1時間ドック、ピロリ菌の検査・除菌

季節のお知らせ

ホーム > 院長コラム > 子供のワクチンの同時接種について

子供のワクチンの同時接種について

最近はヒブ・肺炎球菌をはじめ、以前にはなかった予防接種の種類が増え、打たなければならないワクチンの回数が随分ふえました。

以前は一つずつゆっくりと受けていればよかったのですが、余りに多くの回数を受けなければならなくなったため、以前のようにお医者さんの指導なしでお母さんの自主的接種計画、あるいは行き当たりばったりの接種では、とても追いつかなくなってしまいました。

そこで小児科学会では、そのような接種もれのお子さんが出ないようにする為、緊急避難措置として、同時接種を勧めるようになりました。しかしあるいはお母さん方の間では、一度にいくつも受けるほうが正しい、またはその方が安全などというとんでもない考えをされていたり、まちがった噂が横行したりしているのではないでしょうか。

予防接種は、あくまでも一つずつ受けるのが正しいのは、まぎれもない事実だと言うことを忘れないで下さい。その理由はいくつかあります。

まず異物(注射)を体に入れる時は、一つ入れてしばらく(約一週間)様子をみて、異常がなければ次の注射をしていくというのが、子供さんの体にとっては優しい思いやりのある方法です。同日にいくつもしてしまっては、万が一副反応が出た時に、どれによって起きたのか判別できないばかりか、対処の仕方も分らなくなってしまいます。同時接種をしても毒性が増すという事はおよそないと言われています。それはそうかも知れません。しかし万が一の場合にどうしようもなくなってしまってよいのでしょうか。子供さんへの愛情があるのなら、面倒くさくても一つずつ受けさせてあげるのが正しいのではないでしょうか。外国では確かに一度にいくつもの接種をよくします。それは日本のように簡単に小児科の専門医にかかれないからです。日本はどこにでも専門医(ついでの小児科に注意)がいます。あえて遅れた医療事情の外国の真似をする必要はありません。

次にやはり同時接種では死亡例をはじめ、事故がよく起きているという事実があります。それは先にも書きましたように、確かに毒性が増した為ではないかも知れません。しかし一つだけの注射なら、おもちゃや歌などで殆ど泣かさずに知らない内にしてしまいます(当院の特技)。しかし2つも3つもすると、子供はさすがに気が付いてしまって大泣きをしてしまいます。そうすると子供の心臓に大きな負担がかかり、循環器の専門家によると、それによる不整脈・心臓マヒが起きて急死するのではないかと言われています。そのような不幸から少しでも遠ざけてあげるのが母親の愛情ではないでしょうか。

また我々小児科医にとっては、子供さんとどれだけ仲良くするかが、質の高い医療の秘訣なのです。診るたびに泣かしているのでは、カゼだけなのか、気管支炎なのか、肺炎なのかとんと分りません。誤診につながりかねません。にもかかわらず、泣く子を前にして知らん顔をして、無頓着に次々と子供さんに注射をする医者がいるとしたら、それはひとつも子供と仲良くする気のない誤診覚悟の医者のする事ではないでしょうか。

いずれにせよ子供さんの予防注射は大変複雑になってきており、決して素人の人がインターネットで調べて簡単に計画を立てられるものではありません。計画は生まれ月・季節などで一人一人変わってきます。注射を打つだけで計画どころか次の予定も告げない医者は失格です。是非信頼のできる小児科医に相談して、安全で正しい予防接種を受けさせてあげて下さい。愛の反対は憎しみではなく、無関心・無頓着なのです。

子供のワクチンの同時接種について

(2013年6月20日 院長 八杉 誠)

ページトップへ